スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    命について

    - comments(2) trackbacks(0) ikuslip



    彼の飼い犬であったジョイが昨日虹の橋へと旅立った。
    きっと、まだ橋は渡れずにいるはず・・・・

    15歳だったかな?
    ジョイって名前だけど女の子。
    柴のmixだったけどずっとお座敷犬として育ってきた。

    うちの子達とは中々打ち解けず何時も小さな声で唸ってた。

    数週間前からふらつきだしてそのうち立てなくなって・・・・
    ご飯も水も飲まなくなって・・・

    数ヶ月前、右耳に腫瘍が出来、病院では「高齢なので全身麻酔は
    危険」と言われたらしく完全に腫瘍を取る事が出来ずにいた。
    もしかしたら、癌だったのかも?
    その腫瘍が悪さをしたのかも??
    私の飼い犬ではなかったので判断は彼と彼のパパに任せた。

    そして、彼らが選んだ決断は「安楽死」

    同じ生き物を飼う立場として身近で苦しむジョイを見てきた身として
    彼らが苦渋の決断を下したのは痛いほどわかる。

    動物と暮らす限りいつかは来る別れ。
    うちの子だったら・・・・

    人間が何時までも悲しんでいるとあの子達は虹の橋が渡れない。と言う。
    人間が涙を流し続けると虹の橋で雨が降る。と言う。

    でも、今も何時もの場所に居る気がしてならない。

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        色々な選択があり、どの選択をするにしても
        必ず、その子の事を心から考えて答えを出すのが飼い主だから…
        何が良くて何が悪い…なんて、ないものね。。。

        ジョイちゃんのご冥福を祈って…
        早く、虹の橋をニコニコしながら渡れるように
        みみこ。から
        心を込めて…

        合掌。。。

        • みみこ。さん
        • 2012/05/19 9:23 PM

        >みみこ。ちゃん
        ホントそうだよね。
        ジョイ、みんなにかわいがられてて・・・
        昨日も親子喧嘩してた(笑)
        ジョイ、ヤツの墓の敷地内に埋めたんだけど、昨日雨が降りそうだったんだ。
        ヤツのママが「雨に濡れたら可哀そう」って遺体の上にビニールシートかけて帰ってきたんだって。
        ヤツは「いつまでも土に還らんやろうが!って怒ってた。

        • いくさん
        • 2012/05/21 2:54 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM